ホルツ・ブラス・カペーレは、横浜を中心に活動する社会人と学生による、一般の吹奏楽団です。全パート随時団員を募集していますので、見学はお気軽にどうぞ!

通掘る用語

かなりコアな団員じゃないと分からない言語が乱発されるので、用語集としてまとめてみました。マジメにふざける、というホルツの良さ?が現れたページですが、不適切な表現が含まれている場合もあります。ご容赦ください。

通掘る【つうほる】
ホルツの略称。無理矢理業界っぽくしている。

TEAMつうほる【ちーむつうほる】
ホルツ団員で結成された走り屋のTEAM。正式名称は「走りを志向するオーナードライバーズの会」。その為オーナードライバーでないと入会できない規定になっているという…。

屋敷【やしき】
ド館を失ったホルツが現在使用している楽器置き場。失われたド館を悼んでDo屋敷と呼ばれる。通称・屋敷。見た目も・屋敷。
同義語 ホルツの家

ド館【どやかた】
その昔ホルツが本拠地としていた施設。現在は練習場所としてのみ利用。正式名称は横○市勤労青少年センター。

カプ【かぷ】
○○派会長所有のオープンカー。軽だということをバカにしてはならない。

大人のジョナサン【おとなのじょなさん】
市内某所にある、ファミリーレストラン店店ジョ○サン。隣に大人の○もちゃ屋があるためこう呼ばれる。団員が他のジョ○サンと区別する際に使われる。おとじょな、と略されることもある。

作務衣(サムウェイ)【さむえ(サムウェイ)】
合宿のとき皆で着よう、と作られたが、現在では何かイベントがあるごとに着ている。左胸に「通掘る」左肩に各自の名前が刺繍してあるオリジナル作務衣。街で名前入り作務衣を見かけたら、それは私たちです。

マンボ(赤マン)【まんぼ(あかまん)】
ホルツ元団員M.O女史が所有する赤色の日○マ○チ。走り屋仕様。イリジウムプラグ装着済。マニュアルミッション。

TsubasaV【つばさふぁいぶ】
文部省推奨バンドを目指し、日夜パーカッションアンサンブルに励んでいるグループ名。ホルツのPerメンバー1名が所属する。裏番が相当怖いというのがもっぱらのうわさである。
同義語 ツカサ

平面【へいめん】
貧弱な胸の総称
使用例→あんな平面と一緒にしないでくれ

貧乳会【ひんにゅうかい】
読んで字の如く、貧祖な乳を持つ女子は入団後にその査定を受け、必然的に入会させられる。本人がいくら「貧乳じゃありません!(by毛の方)」とか言っても拒むことは不可能。また、ご本人立っての希望により団員以外から、クラリネット奏者の○井洋子先生も会員となっている。
略称→HNK

通掘ってよろしく【つうほってよろしく】
通掘る魂とでも言うのか、通掘るの通掘るたる心意気がこのひとことにこめられている。
使用例→年賀状、年頭の挨拶など「今年も通掘ってよろしく」

ハイルや○ぎー!【ハイルや○ぎー!】
常任指揮者への忠誠心。

エロDA【えろだ】
某団員の所有する車、日○TIID○のこと。TIID○の「T」の下に横棒、「II」の上下に横棒を付けると「エロDA」と読めることからこの名が付いた。所有者が「エロダ」なのか、車の色(赤)が「エロダ」なのかは定かではない。

いつものデニーズ【いつものでにーず】
横浜市前里町にあるデニ○ズに頻繁に行っていたので、場所を説明する煩わしさから「いつもの」=「前里町交差点あたりにあるやつ」という意味で使われるようになった。現在はあまり行ってないため、ほぼ死語となりつつある。

エミジョナ【えみじょな】
某団員こぼよす邸近くにあることから、エミジョナと呼ばれるようになったファミレスのジョナ○ンのこと。

○○派【まるまるは】
TEAMつうほるの基盤となっているゲリラ部隊。破壊活動はしませんが、いきなり人の家に押し掛けるなど神出鬼没が信条。

娘・小娘【むすめ・こむすめ】
主に、ホルツ元団員M.K女史が、あまり面識のない女子に対して多用する。相手が自分より年上とか、そういう事は関係無い。

通掘る祭り【つうほるまつり】
屋敷(用語集参照)の掃除、楽器の整理、譜面の整理などを多人数で一気に行ってしまうイベントのこと。ちょっと面倒なことも「祭」と称して楽しんじゃうのがつうほる(用語集参照)流。実際みんなでワイワイガヤガヤ作業するのは結構楽しいものです。終了後は高いテンションのまま飲み会になだれ込みます。

サブメニュー

トピックス


ひげラッパ