ホルツ・ブラス・カペーレは、横浜を中心に活動する社会人と学生による、一般の吹奏楽団です。全パート随時団員を募集していますので、見学はお気軽にどうぞ!

団友紹介

堤 拓幸 氏
東京音楽大学卒業。テューバを小倉貞行、安元弘行、田中眞輔、安保國重の各氏に師事。オーケストラ、吹奏楽、ビッグバンド、マーチングバンド、アンサンブル、スタジオ等、多種多様な音楽現場での経験を元に、現在も全国各地で演奏や指揮や指導を行っている。
「アルペン・ブラスカペレ」ではドイツ、スイス、オーストリアの民族音楽を専門に演奏。テューバ、バリトン、アルプホルンの演奏の他にも民族楽器、民族舞踊などを得意とする。全国でのスクール・コンサートは1000校以上の実績があり、イベントやTVにも数多く出演。
「アンサンブル・ペガサス・トウキョウ」では東京、名古屋、広島での演奏会を中心に、ドイツ、オーストリアでの演奏や、スウェーデンでのレコーディングなども行っている。
「東京メロフォンズ・オーケストラ」は創設時から参加し、ジャズや昭和歌謡などを演奏。現在では珍しいフロントベルのバリトンやテューバの演奏や研究を続けている。
「吹奏楽」に関しては一番キャリアが長く、中学1年生からブラバン小僧としてスタートし「東京佼成ウインドオーケストラ」「東京吹奏楽団」「シエナ・ウインド・オーケストラ」での演奏経験を持つ。指導者として「ホルツ・ブラス・カペーレ」「相模原市民吹奏楽団」「ザ・ウインド・オブ・ヨコハマ」「三菱東京UFJ銀行コンサートバンド」などの団体や、全国の学校で指揮指導やテューバの実技指導を行っている。

サブメニュー

トピックス


ひげラッパ